予防歯科

予防歯科について

これまで歯科医院へは「歯が痛くなってから行く」という方は多かったのではないでしょうか?確かに歯科医院に行くことで歯の痛みの原因を根本から取り除いてくれますが、少なからず歯の寿命を縮めてしまいます。

歯は一度削ってしまったら、もう元には戻りません。近年はむし歯や歯周病にならないためのケアが重要視されてきているのです。ずっと健康な歯を保つためにも、むし歯になり治療によるダメージを歯に与える前に予防を心がけることが大切です。

むし歯や歯周病のリスク

むし歯や歯周病は初期段階では気づきにくいものです。歯が痛くなったり、歯ぐきから血が出たりと異常が出始めてから来院することが多いのではないでしょうか?
治療のために削った歯はもう元には戻りません。むし歯が再発し、治療を繰り返せば自分の歯がどんどん少なくなっていき、最終的には入れ歯やインプラントなど大きな処置をしなければなりません。
また歯周病は、早産や誤嚥性肺炎を引き起こしたりとお口の中では収まらない危険があります。 そんなリスクを回避するために、異常がない状態から定期的に来院されることをお勧めしております。
歯を失ってしまった…そのほどんどは歯周病が原因です。

治療に関するお問い合わせはこちら