一般歯科

むし歯のメカニズム

①ミュータンス菌が活動を開始!

口腔内にはミュータンス菌が住んでいます。
食事をして歯に残った糖をエサにして、菌は活動をはじめます。

②食べた糖を分解してプラークを作る

ミュータンス菌は、食べた糖を分解してプラークを作ります。

③ミュータンス菌が増殖

プラークからミュータンス菌が増殖します。

④ミュータンス菌が糖を発酵させて酸を生成

増えたミュータンス菌は、糖を発酵させて乳酸なとの酸を生成します。

⑤酸が歯を溶かしてむし歯になる

高濃度の酸で歯を溶かして、むし歯になってしまいます。

むし歯の進行

C0(要観察歯)

C0(要観察歯)
初期むし歯とも呼ばれます。歯の表面が白くにごってくすんで見える状態です。
まだ元の健康な歯に戻る可能性がありますが、放っておくとむし歯に進行してしまいます。
歯に穴は開いておらず、痛みなどの症状はありません。

C1

歯の表面をおおっているエナメル質が脱灰(歯が溶ける)している状態です。
痛みはあまり感じませんが、歯の表面が白くにごっていたり、穴の開いた部分が茶色又は黒色に変色します。

C2

象牙質の層にまで進んで穴があいている中等度のむし歯です。
冷たいものを食べたり飲んだりすると歯がしみます。
この段階まで進行したむし歯は一気に進行が広がるので注意が必要です。

C3

むし歯が大きな穴になって象牙質のすべてに及び、歯髄(神経)まで達したむし歯です。
炎症を起こしたりすると、とてもはげしい痛みをともないます。
状態によっては治療期間も長引きます。

C4

歯がくずれて根っこだけが残ってしまった状態です。
このままにしておくと歯髄が腐敗してしまい、炎症がまわりに広がっていきます。

治療に関するお問い合わせはこちら