山形 東根の歯医者、森歯科クリニックです。何らかの理由で歯を失ってしまった方のための治療法をご紹介いたします。

ご予約・お問い合わせは 0237-41-1966 診療時間表

予防歯科

インプラント治療とは implant dentistry

インプラント治療とは失われた歯を補うため、顎の骨に人工の歯根を埋め込み、その上にご自身の歯に合わせた人工の歯を装着する治療方法です。

入れ歯の場合、食事や会話の際に入れ歯が動く心配や痛みや違和感を伴うこともありました。
しかし、インプラントはその様な心配もなく、歯を失う前と同じように食事や会話を楽しむことができます。
顎の骨の状態によっては、治療を進めることができないケースもございます。
まずは一度ご相談ください。

SIMPLANT implant simulation system

当院では安全なインプラント治療のために最新のシミュレートシステムを導入しております。

SIMPLANTとは implant guide system

デンツプライ・シロナ社SIMPLANTとは、デンツプライ・シロナ社のインプラントガイドシステムです。
CTで撮影した画像を取り込み、診査診断からインプラントの埋入まで正確で予知性の高いインプラント治療が可能になります。

また手術の際も、CT画像でシュミレートした位置に埋入するため「シムプラントガイド」を使用し、角度や穴を開ける方向、深さを定めて手術を行っていきますので、手術も安心して受けて頂いただけます。

インプラントのメリット Benefits of implants

  • ◯ 安定した噛み合わせを比較的長く保つことができる
  • ◯ 審美性が高いので、自分の歯に近い見た目に仕上げることができる
  • ◯ かみ合わせの力が強いので、硬いものを食べたり、力強く歯をくいしばることができる
  • ◯ 自然の歯に近い機能が期待できるので、装着後の違和感や外れてしまう心配がない
  • ◯ 歯を失った箇所は顎の骨が自然に減ることがあるが、インプラントは直接顎の骨に埋め込むので咀嚼の刺激が顎の骨に伝わり、衰退を防止することができる
  • ◯ 定期的にメンテナンスを行うことで、長持ちさせることができる

インプラントのデメリット Disadvantages of implants

  • ◯ 個人差によるが、ブリッジに比べると治療時間が長くなる
  • ◯ 手術になるので、状態により適応とならないケースもある
  • ◯ 家庭での適切なブラッシングや医院での定期メンテナンスが必要になる
    (少なくても、半年に一回のメンテナンスが必要)
  • ◯ 比較的費用がかかる

インプラント治療の流れ flow of implant treatment

  • 診察と治療計画
    STEP 1
    診察と治療計画

    インプラント治療に必要な診断を行い、インプラント治療が可能かどうかを診断します。その後、治療計画を立てます。

  • フィクスチャー埋入の手術
    STEP 2
    フィクスチャー埋入の手術

    人工歯根のフィクスチャーを顎の骨に埋入する手術を行います。局所麻酔を用いて行いますので、安心して手術を受けることができます。

  • 治癒期間
    STEP 3
    治癒期間

    その後、骨とインプラントがしっかり結合するまでの治癒期間(3ヶ月~6ヶ月)を設けます。治癒期間は骨の質などにより個人差があります。この間、必要に応じて仮の歯を入れる場合があります。

  • アバットメントの連結
    STEP 4
    アバットメントの連結

    人工の歯の支台となるインプラントの部分(アバットメント)をフィクスチャーに連結します。この時、簡単な手術を行う場合があります。

  • 人工歯の装着
    STEP 5
    人工歯の装着

    インプラントを含めたお口の中全体の印象採取(歯の型をとること)を行います。その型に従い人工の歯を作製します。その後、アバットメントの上に人工歯を装着して完成です。

  • メンテナンス
    STEP 6
    メンテナンス

    インプラント治療終了後、インプラントを長持ちさせるためには、適切なホームケアと定期的な検診が不可欠です。また、半年後に一度インプラントの状態を見るために定期検診を受けることをおすすめしています。


インプラントを埋入された患者様へ regular checkups

インプラントを埋入された患者様へインプラントもメンテナンスが重要です。

インプラント手術が終了し、無事インプラントを埋入された患者さんお疲れ様でした。ただ、インプラントを埋入したからといってすべてが完了したわけではありません。

インプラント治療は埋入後、定期的にメンテナンスを行わないと「インプラント周囲炎」の症状にかかり、抜け落ちてしまう場合もあります。
しっかりとしたメンテナンスをしていれば、インプラントは「第二の永久歯」となりえると言われておりますので、定期的にメンテナンスを行うことをお勧めしております。


PAGE TOP