山形 東根の歯医者、森歯科クリニックです。大切なお子様の歯をしっかり守ってあげましょう!

ご予約・お問い合わせは 0237-41-1966 診療時間表

小児歯科

小児歯科について child dentistry

小児歯科について

成長発育の途中にある子どもにとって、丈夫で健康な歯でおいしく食事をするという行為は、大人と比べてとても重要です。

むし歯が右側奥歯にできると、食べ物がはさまってしまったりして痛むため、大人でも子どもでも本能的にむし歯と反対側の左側ばかりで食事をするようになります。数年後には筋肉、顔面組織の非対称成長から来る、顔の真ん中の線のずれ、顔の輪郭の変形、さらにこれが全身面へ波及し、背骨の歪みまで影響することがあります。

子どものむし歯の原因 cause of child tooth decay

● 歯磨きが上手く出来ず口内環境が不十分 ●
「歯磨きが上手くできない」ということが挙げられます。
歯磨きできちんと歯垢を落とすためには適切な磨き方、つまり技術が必要です。子どもの場合、その技術を身につけていないため、口内の清掃が不充分になってしまいます。
● 乳歯のエナメル質や象牙質の薄さ ●
2つ目の原因には「乳歯は永久歯に比べてエナメル質も象牙質も薄い」という点が挙げられます。永久歯の半分ほどの厚みしかない乳歯のエナメル質や象牙質は、あっという間にむし歯菌に浸食され、神経まで達してしまうのです。
● 乳歯は食べカスが溜まりやすい ●
2つ目の原因には「乳歯は永久歯に比べてエナメル質も象牙質も薄い」という点が挙げられます。永久歯の半分ほどの厚みしかない乳歯のエナメル質や象牙質は、あっという間にむし歯菌に浸食され、神経まで達してしまうのです。

むし歯にさせないための予防 preventive dentistry

むし歯に強い歯をつくるフッ素

フッ素フッ素は歯の再石灰化を促進し、むし歯に強い歯質をつくる性質を持っていることから、むし歯の予防処置に用いられています。乳歯や軟らかい生えたての歯は酸に弱いため、子どもさんのむし歯予防に有効な処置です。

1回のフッ素塗布では充分な効果が得られないため、3~6ヵ月毎の定期検診時にフッ素塗布を行って、むし歯の予防効果を高めます。

また、フッ素の歯面塗布は、多くても年に数回の実施なので、慢性毒性の心配は全くありませんし、急性毒性についても適正な用法においては、十分な安全性が認められています。

歯を削らず痛みがない、シーラントによる予防

シーラント奥歯の噛む面には溝があり、むし歯が出来やすいところです。ここにシールをしてむし歯を予防する方法がシーラントです。

シーラントは歯を削ることがないの で痛みはありません。ただし、このシールが剥がれることもありますので、定期的に検診をする必要があります。

また、シーラントを行ったからといって、必ずしもむし歯が出来なくなるというものではありません。正しい歯みがきをしなければ歯と歯の間や、歯と歯ぐきの間からむし歯になってしまいます。シーラントをした 後も、正しい歯磨きをしっかり行いましょう。

妊婦さんの予防歯科(マタニティー歯科) for pregnant woman

妊婦さんの予防歯科(マタニティー歯科)マタニティー歯科は、「悪くなったら行く歯科」ではありません。妊婦さんと、その大切なお子さんの「お口の健康を守るための歯科」です。

妊娠すると女性ホルモンの増加などにより、歯周病になりやすくなります。さらに歯周病は陣痛を起こすプロスタグランジン産生を促進させるため、早産の可能性を増加させてしまいます。

気持ちや体調の変化から、歯科治療を受けたくても受けられなくなってしまうこともあるかと思います。私どもはそういった妊婦様の心への配慮も欠かさず努めておりますのでおなかのお子さんのためにも、妊産婦検診に合わせて予防歯科をお受けください。

PAGE TOP